コスメと動物実験🐰

こんにちは!ゼロウェイストアンバサダーのmakoです☺︎

シャンプー、リンス、化粧水やボディークリーム、口紅、マスカラなど、男女問わず毎日何かしら使っているであろうトイレタリー製品や化粧品。今回は、その化粧品と動物実験についてお話したいと思います。

まず、多くの化粧品に動物実験が行われていることを皆さんはご存知でしょうか?動物実験をする理由としては、その化粧品の成分が、私たち人間の体内にどんな影響を及ぼすのかを調べるためです。これらを調べるために、ウサギやモルモット、マウス、ラットなどの動物たちが実験台にされ、痛み苦しみながら命を落としています。

動物実験には様々な方法があって、ウサギを頭だけでる拘束器に入れ、目に強制的に試験物質を点眼し、その様子を34日にわたり観察する『眼刺激性試験』や、毛を剃ったウサギやモルモットの皮膚(場合によっては毛を剃ったうえで損傷を与えた皮膚)に試験物質を塗布し、3日間にわたり刺激や腐食の程度を観察する『皮膚刺激性試験』、他にも化学物質が体内に取り込まれたときの毒性を測る『急性毒性試験』や、化学物質を塗った皮膚が紫外線などの太陽光線を浴びたことによって生じる刺激性を測る『光毒性試験』などがあります。

その試験の中には、試験結果が研究室によってバラつくことが多く、研究者内部からも信頼性がないとされているものもあります。

EUでは、1980年代頃から消費者の方達が声をあげるようになり、2013311日に完全禁止が実現されました!日本でも、最近はよく動物実験をしていないクルエルティフリーマークの付いたものをよく見かけるようになってきたように思います🐰🌿それでも悲しいことにまだまだ動物実験をしているメーカーが多くあります。

動物実験をしなくても化粧品を作ることができるのに、なぜいまだに動物実験を行なっているのか?それは、まだ化粧品として使われたことのない新たな成分を開発すれば、メーカーは膨大な利益を得ることができるからだそうです。

綺麗になりたくて使っている化粧品が、たくさんの動物の犠牲の上で成り立っていることを知った時は、すごくすごく衝撃でショックでした。だけど、それとは逆に人にも動物にも環境にも優しい化粧品を作っているメーカーさんもたくさんあります

ミニマルリビングトーキョーで販売しているコスメもその一つ🌿私も毎日愛用していてかなりのお気に入りです🤍

(右から)

マスキングスティック(デオドランド)

ヴィーガンハイライタースティック

ゼロウェイストコンシーラー

アキシオロジー 3in1 メイクアップバーム

ヴィーガンリップバーム

どれも動物実験していなくてヴィーガンで、しかも容器は100%生分解性のクラフト紙素材なので、使い終わったらコンポストもできちゃいます!最後まで使い切れて無駄がないのも素敵ですよね

デイヴィッズの歯磨き粉もオススメです!

そして、最近注目していてお気に入りのコスメブランド『DYP cosmethic』もオススメです

こちらのブランドもヴィーガンで、動物実験もしていないのですが、なんとすごいのが、全コスメ全種類が完成した製品で認証を取得しているということ!!😳(実はこれ意外と少ないそうです)

マスカラやアイシャドウ、パウダーは詰め替えタイプなので、中身だけ買い換えることができて、容器もカラーバリエーション豊富で選ぶのも楽しいです♪ 詰め替えタイプの容器は、竹で出来ているので環境にも優しく、そして軽量で持ち運びにも便利☺︎

他にも動物を傷つけずにコスメを製造しているメーカーさんがたくさんあります。

こちらのJAVA コスメガイドは、動物実験をしていないメーカーやしているメーカーなどをまとめた本です。

B5くらいのサイズで持ち運びもしやすく、お値段も¥400と手に取りやすいです。今回の動物実験についての内容もこちらの本を参考にさせて頂きました。

もっと詳しい内容や、私たちにできるアクションなども書いてあるので、興味のある方はぜひ参考にしていただけると嬉しいです😌

化粧品は、特に体質や肌質によって左右されやすいと思うので、ご自身の肌質を考えたうえで無理のない範囲で選んでみてくださいね☺︎

動植物、人すべてが今よりもっと心地よく住める地球になるよう、これからも優しい選択をしていきたいです🌿

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました☺︎❤︎

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。